top of page

Group

Public·570 members

【テレビ放送】スケートカナダライブ放送 ライブ配信 放送 生放送 生中継 無料 @テレビ放送~(2023年10月28日)


フィギュアスケートの国際大会シリーズ・ISUグランプリ第2戦となるスケートカナダが、現地時間10月27日に開幕。


🔴生中継▶ https://www.tv-asahi.co.jp/skate-canada/

🔴生中継▶ https://www.tv-asahi.co.jp/skate-canada/

日本から出場の坂本花織らの成績を紹介 ...

坂本、高得点で優勝狙う スケートカナダ開幕控え―フィギュア【バンクーバー(カナダ)時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダの開幕を翌日に控えた26日、カナダのバンクーバーで公式練習が行われ、女子で世界選手権2連覇の坂本花織(シスメックス)らが最終調整した。



 坂本にとっては今季のGP初戦。「何点出して優勝するかが大事になってくる。次につなげられるように頑張りたい」と高得点を狙う。曲に合わせた練習では、序盤のジャンプで転倒する場面もあったが、その後は3回転を決めるなど、本番に向けて感触を確かめた。

 男子では、昨季のスケートカナダで2位だった三浦佳生(オリエンタルバイオ)が「優勝できずに悔しかった。自分の演技をやり切れば、優勝は見えてくる」と語った。今大会は男女とも27日にショートプログラム、28日にフリーが行われる。日本のゲームやアニメをこよなく愛する「親日家」としても知られ、フィギュアスケート男子で活躍したケビン・レイノルズさん(33)=カナダ=が26日(日本時間27日)、カナダ・バンクーバーのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダの会場で毎日新聞の取材に応じた。解説者として会場を訪れ、前回大会も気さくに取材に応じてくれたレイノルズさん。地元で開かれる今大会の見どころなどを聞いた。【聞き手・倉沢仁志】


 ――スケートカナダがいよいよ開幕します。解説も担当する男子の展望は。


 ◆まず言えることは、日本の3選手はとても強いということ。特に…


フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダの前日練習が26日(日本時間27日)、バンクーバーであり、日本選手男女6人がそれぞれ氷の感触を確かめた。


【写真でたっぷり】フィギュアGPスケートカナダ 男子前日練習


 男子で昨季の4大陸選手権を史上最年少で制した三浦佳生選手(オリエンタルバイオ・目黒日大高)は、サルコウやループなどエッジ(刃)を使った系統のジャンプを入念に確認した。9月の東京選手権では腰を痛めるアクシデントもあったが「完治です。もう元気です」と全快を宣言。約3週間前のフィンランディア杯では267・81点で優勝して勢いをつけた。


 「昨季、思い出に残った大会の一つがこのスケートカナダ。演技はすごくできたが(2位で)自分が優勝できなかったのが悔しかった。しっかり優勝して、次につなげる」と初のGPシリーズ制覇へ狙いを定めた。この日のフリー曲をかけた練習で跳んだ4回転ループが鍵を握る。昨季のGPファイナル2位の山本草太選手(中京大)はフリー曲、友野一希選手(上野芝スケートクラブ)はショートプログラム(SP)曲でそれぞれ調整した。


 世界選手権2連覇中の女王、坂本花織選手(シスメックス)は得意のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)で転倒する珍しい光景もあったが、本人はリラックスしている様子。優勝の筆頭候補だけに「この大会は、いかに何点出して優勝するかというのが大事になってくる」と頼もしかった。


 男女のSPは27日(日本時間28日)、フリーはいずれも28日(日本時間29日)に行われる。【バンクーバー倉沢仁志】

About

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...

Members

bottom of page